Scratch(スクラッチ) 難易度★★⭐︎⭐︎⭐︎

Scratch簡単ゲーム作り - もぐらたたき(発展)

 

前回記事のScratchを使ったゲーム作り「もぐらたたき編(基本)」はもう見て頂けましたか?

Scratch簡単ゲーム作り - もぐらたたき(基本)

  Scratch(スクラッチ)を使った簡単ゲーム作りの第2弾は、モグラタタキです。   (前回記事はこちら) (スクラッチの始め方や使い方についてはこちら)   ゲーム ...

続きを見る

 

今回はそれをもう少し発展させて、ゲームとしての面白さや深みを増すことをしてみたいと思います。

動画も作ったのでサクッと確認したい方はどうぞ。(発展編①と②があります!)

 

 

もぐらたたきに限らずどんなゲーム作りにも応用できるので、じっくり取り組んでみてください。

ちなみにこの記事は基本編の続きになっているので、まだの場合は基本編からどうぞ!

 

スクラッチの操作自体が初めてという場合は、こちらの記事からスタートしてみてください。

プログラミング学習はスクラッチから!だれでも簡単・使い方入門

  プログラミング学習を始める入り口として最適なScratch(スクラッチ)の始め方や基本操作を解説します。 小中学生のお子さんを持つご両親はもちろん、プログラミング初心者の方にもオススメで ...

続きを見る

 

 

scratchでもぐらたたき発展編①

もぐらたたきはモグラを叩いてナンボのゲームなので、モグラを叩いた時の「やった感」が最重要だと思います。

そこでまずは、モグラが叩かれた時に音が鳴ったり姿が変わるようにしてみたいと思います。

爽快感を感じさせたいニャア

 

モグラが叩かれたときに音が鳴るようにする

モグラが叩かれたときに音が鳴る設定をします。

基本編でモグラのスプライトが押されたときにスコアを増やすというスクリプトを作りました。

ここに音を足していきます。

 

音の追加方法

  • モグラのスクリプト画面で「音」タブにする
  • 「音を選ぶ」から好きな音を選ぶ
    ※叩いた時の音は「効果音」から選ぶと良いです

  • 選んだ音が画面に追加される

  • 「○の音を鳴らす」「このスプライトが押されたとき」に追加

モグラが複数いる場合は、すべてのモグラに同じことをします。

音はスプライトごとに「音」タブから選んで設定する必要があります。

ちょっと面倒だけどニャア

 

モグラが叩かれた時に姿が変わるようにする

モグラが叩かれた時に姿が変わるようにするのは「コスチューム」を利用します。

スプライトの「コスチューム」タブを開くといくつかのコスチュームが用意されています。

この中から選んでも良いし、「コスチュームを選ぶ」からまったく別のものを追加しても良いです。

また、コスチュームの一部だけ変更することもできます。

 

コスチュームの一部だけ変えるには?

  • コスチュームを選択して「グループ解除」をクリック
    ※細かいグループになるまでグループ解除を繰り返す

たとえばこのように、マラカスだけを消すこともできます。

コスチュームをどれにするか決めたら、スクリプトを作りましょう。

 

コスチュームを変えるスクリプト

  • 「このスプライトが押されたとき」「コスチュームを○○にする」を追加
  • 「スタートが押されたとき」「コスチュームを△△にする」を追加
    ※叩かれる時以外に表示させておきたいコスチュームをここに設定

 

叩かれた時に音が鳴ってコスチュームが変わるようにしただけで、ゲームにより入り込んだ感じがしませんか?

さらによりゲームっぽく整えていくニャア

 

scratchでもぐらたたき発展編②

今の状態だと、スタートボタンを押すといきなりゲームが始まってしまいます。

ここにスタート画面を追加して、スペースキーを押したらスタートできるようにしましょう。

 

スタート画面を追加 + スペースキーでスタート

この操作がちょっと手間がかかります。

なぜならこれまで「スタートボタンを押したらスタート」だけだったのが、

  1. スタートボタンを押してスタート画面が表示される
  2. スペースキーを押したらゲームスタート

という感じで、スタートの合図が2つになるからです。

1つずつじっくりやってみるニャア

スタート画面を作る

  • 右側の「背景」をクリックし、左側の「背景」タブを開く

  • 「背景を選ぶ」から好きな背景を選ぶ (ex)Circles

  • 「T」でゲームタイトルを入力

  • 右クリックで背景を「複製」
  • 複製した背景に「T」”スペースキーを押すとスタート” などと入力

 

これでスタート画面が出来上がりました!

続いてスペースキーでスタートするように設定していきます。

 

スペースキーでスタートさせる方法

  • 「メッセージを受け取ったとき」をスクリプトエリアに追加

  • クリック→「新しいメッセージ」でメッセージ名を「start」にしてOK

  • 背景のスクリプトの「スタートが押されたとき」の下につながっているスクリプトを、まるごと「startを受け取ったとき」の下に移動する

  • 「スペースキーが押されたとき」を追加し、その下に「startを送る」を追加する
    ※音は好みで入れても入れなくてもOKです

  • 「スタートが押されたとき」の下には以下のスクリプトを追加する

ここで設定している背景「Circles」と「Circles2」は、さきほど作ったゲームタイトル画面”スペースキーを押してね”画面です。

背景を表示させておきたい秒数を「○秒待つ」で調整してください。

 

ここまでは「背景」に設定するスクリプトでした。

モグラ(タコ)と隠れる場所(岩)も忘れずに設定を変えないといけません!

 

モグラと隠れるところのスクリプト変更

どちらもやることは同じです。

  • 「スタートが押されたとき」の下にあるスクリプトを、まるごと「startを受け取ったとき」の下に移動する
  • 「スタートが押されたとき」の下に「隠す」を追加

モグラのスクリプト

隠れるところのスクリプト

これをすべてのモグラと隠れるところに設定しましょう。

 

ゲームのBGMを追加する

最後にゲームのBGMを追加して、世界観を作りましょう。

これは簡単ニャア!

 

BGMの追加方法

  • 「背景」のスクリプトを開く
  • 「スタートが押されたとき」を新たに追加追
  • 「ずっと」「終わるまで○○の音を鳴らす」を追加

ちなみにこの設定だとスタート画面からBGMが始まりますが、スペースキーを押してからBGMを始めたい場合は「スペースキーが押されたとき」のスクリプトに入れればOKです。

 

ではさっそく、自作もぐらたたきをプレイしてみてください!

 

発展編のポイント!

今回使った「メッセージを受け取ったとき」スタート地点をいくつも作ることができたり、次のプログラムへ繋げたりととても便利です。

プログラムが複雑になってもメッセージ単位で区切ることで、頭の中がスッキリと整理されます。

プログラミング的思考に慣れる第一歩ニャア

また「このスプライトが押されたとき」を使うことでゲームへの参加感を高めることができます。

これらを使いこなすとプログラミングの幅が広がるので、いろいろと試してみてください。

 

2020年度からのプログラミング必修化に向けて、プログラミング学習の必要性をまとめました。

合わせて読んでいただけると嬉しいです。

 

 

オンラインレッスン受付中!

インスタフォローで更新情報チェックニャア…  

ごきげんよう

 

-Scratch(スクラッチ), 難易度★★⭐︎⭐︎⭐︎
-, , , ,

error: Content is protected !!

© 2020 ニャアのスクラッチ Powered by AFFINGER5