Scratch(スクラッチ) 難易度★⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

Scratchでルーレットを回してみよう - 2通りの作り方を紹介

 

今回はScratch(スクラッチ)でルーレットを作ってみたいと思います。

ルーレットを回すプログラムはとても簡単なので、作り方を覚えたあとはオリジナルのルーレットゲームなどに応用してもらえると思います。

ルーレットを回してから手動でストップさせる方法と、時間と共にだんだんスピードを緩めて止まる方法をご紹介します。

 

もしスクラッチを触るのが初めてという場合は、こちらの基本編から始めてみてください。

プログラミング学習はスクラッチから!だれでも簡単・使い方入門

続きを見る

 

はじめようニャア!

 

ルーレットの画像をアップロード

まずはルーレットの画像をアップロードしてスプライトにしたいと思います。

こちらから画像 "roulette2.png" をダウンロードしてください。(roulette.pngもご自由にお使いください。)

ポイント

  • スプライトをアップロード→ルーレットの画像をアップロード
  • スプライトを選ぶ→(例)"Magic Wand"
    ※ルーレットの数字を指す指し棒として使う

 

ルーレットを回すスクリプト(手動でストップする)

次にルーレットを回すスクリプトを作っていきましょう。

まずはスペースキーを使って手動で止める方法です。

ポイント

  • ルーレットのスクリプトゾーンに下のスクリプトを作る

※ルーレットの回り方がガタガタする場合は、コスチューム画面で画像の中心がスプライトの中心に合っているか確かめる

とても簡単ニャア!

 

ではここで問題です。もし"○度回す"の数字を変えるとどうなるでしょう?

・・

・・・

この数字を変えると、ルーレットの回り方や回転速度が変わります。

 

ルーレットで止まった数字を示すスプライト

次に、ルーレットで止まった数字を示すスプライトを作ってみましょう。

ポイント

  • 先ほど用意した"MagicWand"のスクリプトゾーンに下のスクリプトを作る

  • "○色に触れた"の色をクリックし、下のスポイトをクリック

  • 1が書かれている部分の色を吸い取る

  • 同様に他7色の色も吸い取りながら下のスクリプトを作る
    ※それぞれの色の数字と変数を同じにする
    ※最後に"メッセージ2を送る"を忘れずに

  • スプライトを選ぶ→(例)"Bear"
  • Bearのスクリプトゾーンに下のスクリプトを作る

MagicWandのスクリプトで色ごとに書かれている数字と変数を一致させることによって、どの数字に止まったかを色から判断することができます。

つまりMagicWandに触れている色ニャア

 

試しにを押してルーレットを回してからスペースキーでストップさせてみましょう。

こんな風にスプライトが数字を教えてくれたらOKです!

 

 

ルーレットを回すスクリプト(時間と共に止まる)

しかし、今のままではスペースキーを押さない限りルーレットが回り続けてしまいます。

きれいにピタッと止まるのもちょっと不自然ですね…。

ということで、ここでニャアからの課題に取り組んでみましょう。

ニャアの課題

ルーレットを回した後、時間と共に回転速度を遅くしながら自然に止まるようにしてみましょう。どんなスクリプトが必要でしょうか?

・・

・・・

やってみましたか?ではこちらが一例です。

ポイント

  • ルーレットのスクリプトを下のように変える

上のスクリプトではルーレットの速度を遅くしながら回転させ、最終的に回転を止めることができます。

先ほどと同様に"○度回す"の数字を好きなようにアレンジしたり、"○回繰り返す"の回数を変えて回転時間を調整してみてください。

 

これでルーレットゲームの基礎の完成ニャア!

 

おさらい動画とScratchプロジェクトページ

今回のレッスンの流れや全体のスクリプトは、下のおさらい動画やScratchプロジェクトページにて確認できます。

 

オンラインレッスン受付中!

インスタフォローで更新情報チェックニャア…  

ごきげんよう

 

-Scratch(スクラッチ), 難易度★⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
-, ,

error: Content is protected !!

© 2020 ニャアのスクラッチ Powered by AFFINGER5